雲を食べたことはあるか

古代エジプトの人達は、太陽が出てくるちょっと前に空にシリウスが浮かぶ頃、「あ、ナイル川氾濫する時期だね、豊作豊作」ってなっていたらしい。

それと同じくらい、私にとって空は身近で大切なもの。あと、エモい。

f:id:anzu_share:20170828010727j:image(わたしの大学の空と雲↑)

 

雲を食べたことはあるだろうか。

わたしは5歳の頃、食べた。

 

「ピーマンってなんで緑色なの?」「アサガオの葉の裏ってなんでサクサクって音がするの?」「まだ朝?もう昼じゃないの?昼は何?」

小さい頃から「なんで?」が多い子だった。普通そんな事子供に聞かれたら、イラっとすると思うのだが、わたしの親は全て教えてくれた。

そんなリトル鈴木杏奈が、ある日抱いた「なんで?」がある。それが、

「雲って、美味しいの?」

白くてフワフワしていて、甘そうで、綿あめみたい。って考えた事がある人は多いと思う。

そんな時、父はすぐに答えを教えてくれた。

「食べに行こうか」

岐阜県の乗鞍まで旅に出た。「上高地」とも言われている。北アルプスの山々が連なっていて、景色は美しく、空気も美味しい。

雲を食べるにはうってつけの場所。

上高地は素敵な場所。ていうか虫が多かった。顔に蜘蛛が落ちてきたんだけど。

食べたいものはそれではない。

上高地でのトレッキングを楽しんだ後は、いよいよ雲を食べるドライブをすることに。

車(当時はデリカ)は乗鞍スカイラインをぐんぐん登っていく。昔からドライブが好きだったし、今も車や電車から見る景色が好きなのは、これのおかげ。

そうしているうちに、すごく高いところまで来た。外は真っ白。風が吹きまくっている。

「降りるで!」

「はーい!」と返事しながら車を降りると、父が肩車をしてくれた。

 

いや、風が顔に当たりまくってるんですけど。

 

「口をあけろーーーー!!!!」

 

父の威勢のいい声に次いで、わたしは大きく口を開けた。

空気が、水蒸気が、思ったよりも透明な何かが、口の中に勢いよく入ってきた。

 

両親は昔から、経験をもって学ばせてくれる人達で、わたしが人よりも好奇心が旺盛で、目がキラキラしてしまいがちなのは、その賜物なのである。

少し危ない事をしようとしても、「やってみろ」って言ってくれる。きっとドキドキしてるはずなのに。

 

そんな危なっかしいわたしも、もうハタチ。

 

そういえば最近、「なんで?」が減ったように思う。

「なんで?」が浮かばないのだ。

年をとるにつれて、「なんで?」の対象が減ってしまう、とかそういう訳じゃなくて、純粋に、考える事をやめてしまっているからだと思う。

もう一度、雲を食べに行こうと思っている。今度は自分の足で。

「なんで?」を探しにいかないと、何も始まらないし、もう「なんで?」を与えてもらえるような立場でもない。

 

雲を食べて以来、空が好きになった。

ピンク色の夕焼け雲を見つけたら「春だなあ」って思うし、真っ青な空と入道雲を見つけたら「夏だなあ」って思うし、空が高くてうろこ雲を見つけたら「秋だなあ」って思うし、くすんだ色をした雲を見つけたら「冬だなあ」って思う。

今いちばん好きなのは、ひこうき雲

あれだけはまっすぐで、裏切らない。どことなく安心する。ひこうき雲が綺麗に見える場所が、好き。

わたしの「なんで?」は宝物。

緑色のピーマンを家で育てた事で、ピーマンを美味しく食べられるようになった。

アサガオの葉の裏のサクサクは、小学校の夏休みの観察日記に花マルをもたらした。

お休みの日は、お昼の散歩をするのが好きになった。

甘くてフワフワで、ずっと忘れない、

 

あの時食べた雲は、

美味しかった。

 

 

「それわかる!」とか、「これどう思う?」とか、「長い」とか、思ったことがあれば、ぜ教えてください