アンナスズキの家出白書

この夏、家出した。40日ほど。

初めての反抗期だった。(周りにそう言われた)

理由はわたしが新しく始めたバイトに、母がブチ切れたから。そりゃ母親からしたら1番娘にやって欲しくない仕事なのは重々承知なわけで。(ちなみに父は何も言わずに賛成してくれた。男の中の男。)

「あんたの顔見たないわ!」と電話口で怒鳴られ、家出決行。

 

中崎町はとても住みやすい町だった。

美味しいコロッケ屋さん、昔ながらのお安い銭湯、鈴木杏奈的エモさ抜群のスナック、うちの近所にはない商店街も魅力的だった。

SNSではカフェ巡りが盛んな一方で、この町はどことなく懐かしい感じも残していて、わたしはすごく好き。

 

立地も抜群。

映像制作の関係で、京都に取材に行く事が多かったのだが、天神橋筋六丁目駅まで歩いてすぐだし、

バイト先も、自転車で30分で行ける距離だから、終電をあまり気にせずに働けた。

もちろん学校も、毎日行っていた。

 

何より好きだったのは、家出先としてお世話になった場所。

20歳の男2人が自ら物件の内装を壊して、ゼロから手作りしてBARとゲストハウス(ゲストハウスはもうすぐオープン)をオープンした。シェアハウスのような部分も出来るかも、らしい。

家出していた40日間はそこで匿ってもらっていた。

2人のことがすごく好きだし、その空間ももっと好きで、憧れで、楽しかったけど、それはわたしの気持ちなだけで、お店側にとっては本当に邪魔だった、と思う。全然気づけなかったけど。

話聞いてくれたり、大切な事を教えてくれたり、やっぱり2人が大好き、あの空気感が大好き。

 

あれ?これ普通の中崎町レビューになってない?

 

きっとひとつのブログ記事には収まらないので、何回かにわたって、家出の報告をしていきたい。

今日は家出した場所について書いたけれど、またお楽しみ。

 

家出でお世話になりまくった、Uvillageについて。

Uvillageとは、地下鉄谷町線 中崎町駅から徒歩5秒のところにある「BARとゲストハウス」

『都会村』(Urban+Village)をコンセプトに作られた、秘密基地のような場所で、オーナーの2人はとっても魅力的。

ゆうとくんは、わたしが通っていた高校の先輩で、(高校時代に接触したことはない) 立ち仕事からくる疲れをほぐすのは私だった。ゆうとくんの脚に肘鉄を決め込んでいるのはわたし。

ルーキーは、ゆうとくんの相方。1年と少し前に知り合ったばかりだけれど、もう5年以上知ってるみたい。金髪のもじゃもじゃ、無人島に行ってから日焼けが凄くなった。神奈川出身の彼の標準語、思いっきりうつった。

Uvillageの事をもっと知ってほしいから、みんなに来てほしいなって思うし、2人とも本当に面白くて憧れだから、是非会いに来てほしいなって。

詳細は以下に

 

BAR&GUESTHOUSE 「Uvillage」

住所:大阪市北区中崎1-6-15(地下鉄谷町線 中崎町駅1番出口すぐ  松屋の上)

Twitter: @

Instagram:@uvillage415 

Facebook:セキュリティチェックが必要です

 

みんなに来てほしい。ほんとに。

 

「それわかる!」とか、「これどう思う?」とか、「長い」とか、思ったことがあれば、ぜひ教えてください!