透明の風が吹く頃に

なんなんでしょう、いかにもフォトジェニックな感じ。

この時期になると「あ、夏と秋の間だなあ〜」って感じるようになります。なぜなら

風が透明になるから、です。

「は?」って感じだと思うんですけど。わたしは一年の中でこの時期が一番好きです。

今日は8月の終わり。今日みたいな日だからこそ、読んでいただきたいブログです。

 

風が透明になる、とは

夏の風ってとにかく熱くて、勢いがあって、色々なものを巻き込んでいくイメージがあるんです。

一方で秋の風って本当に涼しくて、冬に向かって少しずつ色を失っていく、じゃないですか。

風が透明になるのは、ちょうど夏と秋の間、色んなものを巻き込んでいた風がリセットされて、少しずつ温度感を失って、なにもない綺麗な風になる瞬間、だと思ってるんです。

どうしてこう、上手く言えないんだろう、って思うんですけど、そういう感じです。

春って花の匂いが混ざった、「おひさまのにおい!」みたいな風が吹くじゃないですか。

冬になったらツンとした、真っ白でどことなく張り詰めた風が吹くなあ、って思ってるんです。

透明の風には本当に色を感じないし質感を感じないんです。すごく、サラサラしてるんです。

 

 わたしは、透明の風が吹くこの時期が一番好きです。「この夏も色々発見したなあ、目まぐるしかったなあ。もう終わっちゃうのか。」って感じて切なくなるからです。エモい。。。

夏の終わりって切ないなあ、って思いつつ、夏の出来事を思い浮かべては、整理して、自分の心に留めておく、というのが、わたしのこの時期の楽しみ方なんです。

 

もしよかったら、サザンオールスターズの「I AM YOUR SINGER」と、銀杏BOYZの「夢で逢えたら」を聴いてみてください。わたしがこの時期に聴く中で特に大好きな曲です。

 

この夏は、本当に迷走していたなあと思います。

見えるものばかりを追いかけて、見えないものに意識を傾けることが出来なかったからです。

「もっと見えないものを見つけようね。そうすれば、本当に大切なものに対する意識が磨かれていくから。」と、父と晩酌をしていた時に言われました。

 

この夏は、本当に色々なことがありました。「自分にしか出来ない経験」とかそんな事もなく、「誰もが絶対する経験」が多かったなって。

こういう時だからこそ、一度心をを空っぽにしてこの夏を振り返って、咀嚼して、「2度と戻らない大切なハタチの夏」として自分の中にしまい込もうと思っています。そして、リセットしようって。

 

見えないものだからこそ、透明の風、というのはすごく説明が難しいなって思いました。でもそんなに容易く言葉に置き換えたくない気持ちもあります。

 

透明の風は、夕方ごろに吹き始めると思います。

 ちょっと手をとめて、黄昏てみるの、いいですよ。

 

f:id:anzu_share:20170831144255j:image

昨日は、道頓堀でも透明の風を観測しました。

 

「それわかる!」とか、「これどう思う?」とか、「長い」とか、思ったことがあれば、ぜひ教えてください!最後まで読んでくださって、ありがとうございます!