アルバイト談義

なんでみんなアルバイトしてるのかなって思って。

 

みんなそれぞれ、お金もらってる訳だけどさ、何に対してお金が支払われてるのかな。

 

だいたいみんな、お金を稼ぐために働いてるわけでしょ。お金ないと美味しいものも食べれないし、楽しいこともできないし、好きな事に対して投資することもできないもの。

だから働くというか、アルバイトするわけですけれども。

お金を貰えているのは、時間に対して?サービスに対して?存在に対して?  これってきっと働いてる場所によって価値観が違ってくる部分だと思うから本当はつっこんじゃいけないところかな〜とは思うわけですけど。

 

「まだまだ未熟やな」&「そもそもアンタも出来てないやん」があるのは重々承知していることを前提として書いていきます。

 

この前、「こちとら時間を売ってお金貰ってるのに、時給が発生しない"5分前"の行動をする意味がわからない」みたいな感じの事言ってる子がいて、そこからすごく考えさせられた。

「時間を売ってるからお金貰ってる」っていう考え方にショックを受けた自分がいた。

わたしは普段、1時間くらい前にバイト先に着いて、服を着替えて、髪の毛も巻いて、メイクも直して、それでやっと働ける状態になってる。

少しでも可愛い方が、わたしもお客さんも気持ちがいいし、少しでも良くなる。

確かにこの準備時間に時給が発生する事は無い(当たり前だけど)けれど、この準備時間が、あとあとの自分の働き方に繋がってくる訳だから、私にとってすごく大切な事。

お客さんからも、いつもたくさんの事を教えてもらえるから、毎日振り返ってみると本当に役立つ事ばかりなんだよな〜って。

 

「自分ってなんでバイトしてるんだろう」って考えた時期があった。

理由ってひとつだけじゃないのはもちろんの事なんだけれど、1番は、「社会勉強したかったから」

毎晩色んなお客さんが来店されて、それぞれ悩んでる事だったり、今やってる事だったり、お仕事の話だったり、色んな話を聴かせてくれる。子供のわたしにとっては、まだまだ知らない世界ばかりで、たくさん発見があってすごく楽しい。

「たくさん勉強したい事がある」って話したら、それ以上にたくさんの事をアドバイスしてくれる大人の人たちがいて、すごく嬉しい。

まだまだ出来ない事ばかりだから、お店にも迷惑かけたりすることもあるし、役に立てない事もあるし、キャパ超えちゃってどうにもならない事があるけれど、本当にいっぱい学ばせて貰ってます。

もっともっとお客さんに楽しんでもらいたいし、いっぱい学ばせて貰えてるとはいえ、全体の1%くらいしか理解できてないだろうし。頑張りたい。

 

働くって、マジでお金だけじゃないと思う。

 

「5分前行動とかを推してくるのはグローバルじゃない」みたいな考え方も世の中にはたくさん溢れてると思うけれど、それ以前に、「時間売ったらお金貰って当たり前」みたいな考え方こそグローバルじゃないと思うな。

いろんなきっかけ、いろんな準備、それぞれの段階を踏むからこそ初めて誰かの目に触れる事が出てくるんだろうし、初めて「評価されてもおかしくない対象」になり得るんじゃなかろうか。あとは、ルールを作らなきゃいけないかも。

誰かと繋がる、誰かに喜んでもらう、そういう事が本当に大切に出来ないと、グローバルな世界って作り得ないと思うし、みんながハッピーになれなかったら結果としてあんまり意味はないと思う。

ていうか、時間に対してお金が支払われるような仕事ってなかなか難しいしハードだと思うな。

 

働く事で貰えるお金は、きっと時間への対価だけじゃないし、本人への評価だと思うから、どんどん準備したらいいと思う。ダラダラするのはよくないけど!!!

 

今病気してるから、バイトも学校もお休みもらってるんだけど、わたしが戻ってくるのを待っててくれる人がいる事に気づけました。なんかそういうの嬉しくって、見ててくれる人がいるのが幸せで、涙ちょちょぎれました。

大切な友達がたくさんいる学校も、素敵な先輩と優しいお客さんがいるバイトも、早く復帰したいもんです。

 

なんかそんな感じ!以上!解散!

f:id:anzu_share:20180523014327j:image

これはすっごく嬉しかった日の写真!バイト先にて。

 

「それわかる!」とか、「これどう思う?」とか、「長い」とか、思ったことがあれば、ぜひ教えてください!最後まで読んでくださって、ありがとうございます!